喜ばれる結婚指輪|ハワイアンジュエリーが彼女の心を掴む

世界で一つの指輪を作る

男女

結婚指輪を手作りすることで、費用を抑えることができます。また、世界で一つだけの指輪を作ることができる点や、手作りすることにより、より愛着のある指輪が作れる点も魅力だと言えます。完成までに日数がかかるという面があるので、余裕を持ったスケジュールで製作をするようにしましょう。

More Detail

夫婦の印の指輪

指輪

自分達らしい指輪にしたい

結婚式の際に結婚指輪を交換するカップルが多いです。日本人男性はアクセサリーを嫌う傾向が強いですが、そのような男性でも結婚指輪だけははめるというケースが多いです。なぜならば、結婚指輪には夫婦になった証しという特別な意味が込められているためです。夫婦として一生添い遂げる誓いの気持ちが込められた指輪ですので、単なるアクセサリーと同列に考えることはできません。ただし、結婚後は毎日指にはめ続けることが前提になっている指輪ですから、飽きの来ない地味なデザインの指輪を選ぶカップルが多いです。特に、アクセサリーを身につける習慣がない新郎は、無難なデザインの指輪を好みがちです。しかし、近年になり、結婚指輪にも自分達らしさを求めるカップルが増えてきました。そのようなカップルによく利用されているのが、ハワイアンジュエリーの指輪です。ハワイアンジュエリーであれば比較的リーズナブルな価格で結婚指輪をオーダーすることができるため、とても多くのカップルに利用されています。

意匠には意味があります

ハワイアンジュエリーは、ハワイの伝統的なアクセサリーです。本場ハワイではリング部分を14金にするのが定番ですが、18金・シルバー・プラチナなどを用いることもあります。また、金にもイエロー系・グリーン系・ピンク系などの種類があり、見た目の印象がとてもカラフルです。可愛いデザインであるかどうかだけを基準にハワイアンジュエリー選びをする人が多いですが、結婚指輪としてハワイアンジュエリーを利用する場合は、その意匠の意味を理解しておく必要があります。ハワイアンジュエリーによく用いられる意匠は、ハワイ特有の草花や波、亀などです。ハイビスカスやプルメリアなどを彫り込むと、とても華やかな印象の指輪になります。ただし、永遠に続く愛を表現したいのなら、波の模様も彫り込むようにするのがベストです。ちなみに、リングの内側に刻む言葉もハワイ語にするのが一般的です。

ブライダルドレスを借りる

新郎新婦

ウェディングドレスをレンタルできる専門店も増えていますが、ドレスを着用する人の年齢も10代からと幅広く、イメージにあわせてドレスを選択することができます。肌魅せが多いデザインはもちろん、カラードレスまでが提案されています。

More Detail

衣装に関するいろいろ

新郎新婦

結婚式で花嫁が着用するウェディングドレスは、女性にとってはやはり憧れの衣装です。しかし、費用もそれなりに必要な上に種類も豊富なため、賢くドレスを着るためにドレスに関する情報や知識といったものを仕入れておくと便利です。

More Detail